FC2ブログ

2019-10

ThinkPad X61のbiosをUSBブートで更新する

Core 2 Duo T8300/2.4Gは、HDDなしだったのでSSDを入れ、
Windows7 64bitをインストール。
まあ快適な状況なわけです。
でもSSDの性能を発揮していないのでSATA-II を適用できる改造biosでアップデートします。
x61-bios-11
更新前↑


参考これ
http://letsitbe.jugem.jp/?eid=48


32bit環境にもどして、Windows上から更新でおわり。もありだが32bit環境がない。
DVDドライブがない。
なので64bit環境で出来る、USBメモリを起動ドライブとして使いbiosをアップデートする方法を選択した。


ここでは作業上のポイントを解説しておこう
・用意するUSBは1Gとか2G程度の容量がいい?フォーマットするときにFAT32になるため?
・Windows 98 System Filesを使いフォーマットしないとUSBが起動しない?
・BIOSが最新のVersion 2.22だと更新をうけつけない。いったんVersion 2.21にする。
・ダウンロードしたファイルがisoファイルなので、マウントソフトが必要。
ISOイメージファイルをマウントできるフリーソフトPortable WinCDEmu ポータブル版

USB起動ドライブを作る
HP USB Disk Storage Format Tool を使い Windows 98 System Filesでフォーマット COMMAND.COMだけ削除
7nuj22uc.isoをマウントして中身をUSBにコピー、7nuj22uc.isoの中のCOMMAND.COMを使う。 


では軽めに手順を

1、現在のbiosバージョンを確認
x61-bios-01

2、USBを挿し起動、F12を押し起動メニューを出す、USBを選択しEnter。
x61-bios-02

3、USB起動するとコマンドを打つ画面になる、ここでcommand.comを打ちEnter。
x61-bios-03

4、次にで出た画面で2を選択肢Enter。
x61-bios-04

5、次に警告画面が出るのだが、Yにしないとし進めない。
x61-bios-05

6、次にACアダプターがついてるかときいてくるが、Yにしないとし進めない。
x61-bios-06

7、次に充電したバッテリーがついてるかときいてくるが、Yにしないとし進めない。
x61-bios-07.jpg

8、次にアップデート中は電源を切るなと警告している、Yにしないとし進めない。
x61-bios-08

9、アップデート中だから、およそ1分まて、とのこと。
x61-bios-09.jpg

10、ビープ音がなってこの画面、CDをぬいて、再起動しろ(今回はUSBのこと)、だ。
x61-bios-10

で 無事 成功。
x61-bios-12
更新後↑



スポンサーサイト



ThinkPad X61Biosのスーパーバイザー・パスワードSVPを解除するの巻き

もはや部品取りでもいいとしたので、こわれてもいいでしょう。
てなことで、ググってみると、スーパーバイザー・パスワード(SVP)を解除できなくもない。
事が判明。業者様も受け付けてくれるようですが、ジャンク品で買ったので本体価格を上まわってしまう。
自力でなんとかします。
x61-04
ググって情報を収集。
passを記憶しているEEPROMを書き換えれば良いとのことだが、それなりの道具がいる。
ほかに方法は、とあれこれ巡回したところ、いけそうなのが・・・。


試してみる。
○○の○番と○番をタイミングよくくっけて起動させればよいらしい。
早速起動。
x61-05
反応が、あった。
いったん電源OFFでくり返し試す。
x61-06
さらにつづけると、こんな反応が。
なんかいいぞ。



成功した方法はこうだ
細めの電線の切れ端でも用意して、
○○の○番と○番を短絡したまま起動
bios画面登場(あっさりと)
x61-07
Securityの画面に移動
移動の際も短絡させたままにするのがポイント。
x61-08
Supervivisor Password の所に新しいpassを入れる、7桁まで設定可能。とりあえず0000000に。
で再起動。
x61-09
すっとんでなくなったと思われた
System-unit serial numberとSystem board serial number
などが復活した。
この状態だと、スーパーバイザー・パスワード(SVP)が設定されている。
なしにしたい。


なしにするには、
x61-10
New Passwordには何も入力せず、Enterキーですすむ。
すると
x61-11.jpg
Disabledとなる。
でフツーに使えるようになった。




ThinkPad X61がやってきた

x61-01
つづきまして、ThinkPad X61がやってきました。
X61はX60の流れでロングセラー機だったため、保有してる方も多く、あれこれ他で解説してるので詳細は割愛します。
簡単に説明すると、いじりやすい、メンテナンスが容易な機種です。
今となっては、ワイド液晶全盛なので中古もゴミのような値段になってます。
でもCore2 Duo搭載で快適な動作は期待できます。


ちょっと綺麗な、Core 2 Duo T8300/2.4Gをジャンクで発見、即捕獲しました。
ただし、メモリなし、HDDなし、Vistaモデルです。
メモリはとりあえずのあまりがある。よし。
HDDはSDDにするから不用。よし。
とおもって、お持ち帰りでしたが、店で電源を入れられない落とし穴がありました。
メモリが抜いてあると、何も確認ができないのです。


で起動。ちょっ反応したがすぐこの画面、
x61-02
これの意味は公式ページでの解説がある。パワーオン・パスワードが設定されている場合、またはパワーオン・パスワードとスーパーバイザー・パスワードの両方を設定している場合。だそうです。
でぐぐってみると、パワーオン・パスワードは電池をはずせばいいとのこと。で早速。
x61-03
キーボードの下にある、黄色い電池のコネクタを抜く。しばらくして戻しました。
で起動。スーパーバイザー・パスワードが設定されていて、いきなりパスワード入力要求。
やってしまいました。お店でチェックできないのはこのためだったのです。
部品取りにでもすればいい、とあきらめました。
とりあえずキーボードはわりと綺麗だったので、これだけでも十分との考えもありましたし。

つづく


«  | HOME |  »

カテゴリー

最近の記事

プロフィール

アラレ

ブログネーム:アラレ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ページ共通カウンタ

現在の訪問者数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する