2016-07

CPU 実は熱くなかった Xeon E5649

エンコード時、CPU温度が80℃を超えてくるので、
グリスの付が悪いのかなーとか、
ケース内への空気の取り込みが悪いのかなーとか、
CPUクーラーの限界かなーもしくは古いからかなーとか、
付けたり外したり、忙しくしていたのだが、
原因は違った
CPUクーラーの本体と取り付け金具のねじの緩みで、密着が悪くなっていたのだ。
x58-12
写真の赤丸の部分、すでに取り付けてあるのでネジの頭は裏側だが。
マザーボードとCPUクーラー本体の取り付けネジではない。


アイドル時の温度 32から34℃
x58-10
エンコード時の温度 50から54℃
x58-11
これならぜんぜん熱くない
新たにCPUクーラーを買うのを検討していたところです。
水冷も検討していました。


原因がわかる前に、新しいケースファンを調達してしまいました。
これ T.B.Silence PWMシリーズの UCTB12Pです。
購入したお店では2番人気となっていました。
静音ファンのPWM制御で500~1500回転の可変制御とゆーのが特徴でしょうか。
発売は2011年4月てことは、けっこうロングセラーですよねー。
x58-13.jpg
この際CPUファン更新に転用しました。付属のより回転下がりましたが問題なさそうです。
x58-14.jpg
CINEBENCH R15動作時のスクリーンショットも載せておきます。
温度は55℃、ファンの回転も1200程度です。高速回転ファンはいらないみたいです。



スポンサーサイト

FFmpegでエンコードしたらCPU使用率が100%になった

PCが6コアになったことだし、さっそくエンコード開始
の前に、これまでも
ドラッグアンドドロップで、tsファイルをmp4変換できるようにしていたのですが、
ffmpeg.exe+BonTsDemux_mod_10k7で動作していてやや難点もありました。
2時間超のファイル変換ではエラーで止まる、正確な時間はわからないのですが、
と止まってしまうのです。
音声の変換の都合上、BonTsDemux_modが必要だったと記憶。


最新のFFmpegをDLして、エンコードしてみることに。(ffmpeg-3.1.1.tar.bz2)
FFmpegはオープンソースなので誰でも使用できます。
x58-09

公式サイトからDL http://ffmpeg.org/
Downloadボタンでこちらへ移動 http://ffmpeg.org/download.html
Get the packagesのところの、Windows Packagesを表示して
Windows Builds をクリックし移動 https://ffmpeg.zeranoe.com/builds/
Zeranoe FFmpegのページから 
Download FFmpeg 64-bit Static で最新版がダウンロードできる。(64-bit の場合)
必要なffmpeg.exeはbinフォルダに入っている。
FFmpegのバージョン3からは、AACエンコーダーのライセンス問題解決されたとのこと。
なのでFFmpeg単体でH.264でのmp4変換ができるのです。
で変換中
x58-08
CPU使用率100%達成。
だけど熱いなちょっと。



PCを6コア化する Xeon E5649

前回のPC更新から早6年たちました。
Core i7 875K に換装する(←前回これ)
新PCの構成は、
と言っても、古いチップセットです。
マザー ・GIGABYTE X58A-UD3R rev2.0
CPU ・Xeon E5649
クーラー・ZALMAN CNPS10X Performa (変更なし)
メモリ  DDR3 4G×3 トリプルチャンネル」のため3枚使用
x58-00
Xeon E5649 は6コアCPUなんです。6コア=ヘキサコア(Hexa-Core)
Xeon X5600シリーズ(Westmere-EP)は2010年4月ごろ登場です。
32nmプロセス製造コア、Westmere世代(ウエストミア)で、ソケットはLGA1366、2CPU構成に対応しています。
本当はインテル5520チップセットで2CPU動作するのですが、
X58Aチップセットは1CPUのみ対応、Core i7 900番台がLGA1366なので動作可能なのです。
Xeon X5600シリーズと同時に出たのが、Core i7-980(6コア)で互換性も頷けます。
今回、E5649にしたのは値段の関係である。
マザーも当然中古である。ジャンク扱い保障なし、なので実際動くか不安はあった。


で早速測定
x58-03
前回と同じCINEBENCH R10での測定
     875K(OC)   E5649
スコア      18363    21150
TDP      95 w       80 w
製造プロセス   45nm      32nm


x58-04
CINEBENCH R15での比較
ともに定格にて


でマザーとCPUを交換したら、Windowsは再インストールのつもりでいたところ、
Windows7入りのSSDを起動させたところ、勝手にセットアップ。
足りないのは以下の2つでした。
x58-02
LANドライバとUSB3.0ドライバのみCDよりインストールしました。


試しにエンコード
x58-05
80℃を超えてくるなー
動作はしてるけど。




«  | HOME |  »

カテゴリー

最近の記事

プロフィール

アラレ

ブログネーム:アラレ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ページ共通カウンタ

現在の訪問者数

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する